2018/05/19

中欧旅行-プラハ3

プラハ・ヴァーツラフ広場





aco.の父の希望で訪れたのがこちら。

この広場はチェコの歴史の節目節目で
登場するのだけど、今回は
”プラハの春”がキーワードでした。

プラハの春というのは、1968年に
起こったチェコスロバキアの変革運動の
ことなんだけど、この時の大きな民衆の
デモとかが、この聖ヴァーツラフ像の
もとで起きていたみたい。

詳しくは…ネットで調べてね(´`;)b

ちなみに、行きたいと言っていた本人は
足の疲れか像の元に行く前に帰ろうと
したので、それじゃ意味ないっ!と、母と
無理矢理押して行ったのでした。





ミュシャの美術館も行きたかったのだけれど、時間が掛かりそうだったので
(&父の疲れも考慮して)早めにお土産ストリート、ハヴェル市場へ。
ここは露店を挟んだ建物も、ほとんどがお土産屋さん♪



色とりどり、食べ物から工芸品までがぎゅぎゅっと並んでた。
広場で見た時計のミニチュアとか、ボヘミアングラスの小物を中心に、
魔女の人形とかステンドグラスアートとか、目を引く品物がいっぱい!
お土産を飼いに行くならここはオススメです☆


そしていよいよ父に限界が。
夜の集合時間迄二時間…まだ結構あるけど、さてどうしよう、カフェで2時間?
でも母はまだ観光したそうだし、う〜ん…と頭をひねりながら戻ってきた旧市街広場を
見回してた時、aco.の目に素敵な表示が!

日本語で、『1時間旅行・エクスプレスバス』

歩かなくてよくて、観光地を回れて、一時間時間が潰せる!!
なんていう渡りにバス!!
値段も良心的だったので、迷わず両親を押し込み、出発!

午前中に行った場所をまた違う角度から見て、自分たちの足では見れなかったであろう
景色も見れて、戻ってくる頃には疲れも少し飛んでいるという、本当に素敵なバスでした
(*´`*)


うん。疲れが飛んだんだね。
バスを降りた時点であと一時間弱、父の好奇心再び目を覚ます。
「出来れば、ユダヤ人地区も見てみたいんだ。場所は近いはずなんだが…」とか言い出した。

場所分からないのか…って、あれ?さっきバスで走ってる時にそれらしいもの見たような…
脱出ゲームに使う観察力は、ちょいちょい役に立つのです。
ってことで、無事に連れて行けましたー(*´`*)

こちらは、あとでちゃんと調べたところ、プラハの旧市庁舎広場の北側にありました。



戻ったら時間ぴったり。
旅行最後のディナーと、街の夜景を存分に堪能して、帰路へと着いたのでした(*´`*)

以上!
やっと終わったー!
長々旅日記にお付き合いありがとうございました!



2018/05/12

中欧旅行-プラハ2


少し間があいたけど、久々に海外レポートの続きです。
プラハ城を離れ、プラハ城が一望出来る場所へと移動して来ました♪


この写真は、チェコ共和国の首都、プラハを流れるモルダウ川に架かる
『カレル橋』を渡ったところで撮影しています。


カレル橋は観光地として有名なので、橋の上は観光客でいっぱい!
橋からの見える景色が美しくて素敵なことは勿論なんだけど、
橋の途中にある聖人ヤン・ネポムツキー像が大人気!
基部にあるネポムツキーのレリーフに触れると幸運が訪れると言われているのが
その理由なのだけど、目的のレリーフだけじゃなく、周囲の手の届くレリーフは
もれなく触られ過ぎてピカピカのツルツルになってました(^^^;)


カレル橋を渡り終えたら、門のように作られた橋塔をくぐって旧市街へ。


見回す限り、建物が立派。
時間があれば、お店もいっぱい入ってみたかったな。
途中、ボヘミアンガラスのお店に寄って模様を描いているところを見学出来た
のだけれど、描いてみたい気持ちがむくむく。
カットも素敵だったけれど、世界で経った一つの手書きの模様はやっぱり魅力的!
最近プライベートで絵をあまり描いていないので、また少しずつ、時間見つけて
作家活動はじめて見ようかな(*´u`*)


で、またちょっと歩けば何だか凄いのが出てくるのよね。
ここをもう少し奥へ進めば旧市街広場です。


見えた謎の建物1、こちら、ティーン教会。
ゴシック様式の尖塔 (せんとう)!ルネサンス様式の装飾!バロック様式の内装!
ってね。
言葉並べただけでも豪華絢爛 (けんらん) 。

ガイドさん曰く、中も外観に劣らずらしいのだけど、ミサの時間は周りの喧噪から
切り離されたような静かな空間が広がって、その豪華さが、神聖な雰囲気を纏って
別の世界に来たような感覚を味わえるらしい。
aco.は生涯無宗教でいるつもりだけど、いつか体験してみたいなぁ。


見えた謎の建物2、プラハの天文台(オルロイ)。aco.の好物です。
補修中で全貌が見えなかったのは残念だったけど、それでも迷いなく惹き付け
られる良い形。
盤の説明すると長くなるので書きませんが、地球と宇宙の関係…これを時計として
作った人たちは本当にすごい!!



時計のからくりも見終わったところでお昼ご飯。
おいしゅうございました。

次回は、旅行最後の自由時間。
やっと終われる…かな? 続く!




2018/05/03

かごねこ。


猫好きの先輩に作ったバースデーかごにゃん(*´w`*)



先輩が飼っている猫ちゃんにあれこれポーズを取ってもらって

裏面に仕事のグループメンバーからメッセージをもらって

お腹に仕込んだマグネットがちゃんと機能するか試験したら
一番上の写真、かごにゃんカードの出来上がり☆
無事に喜んでもらえました(*´`*)

って、あれ? 今気づいた! 髭が、ない!?  ありゃりゃ。。
後でお誕生日様に足してもらおーっと。www

2018/03/31

お花見2018。


ピンクと白が混ざり合う道



これぞ日本の春!ですね(*^^*)
桜は毎年、本当に美しい。
"日本人はこの花をこよなく愛している"と外国の方に言われるくらいにはaco.も大好き。
駅の桜が満開なのを見て、それなら!と、翌日の仕事を休みにしたaco.です。
案の定、近所の川沿いにある並木道は満開でした♪

最近、ニュースで枝が切られちゃう悲しい出来事があったけど、花は刈るものではなくて、
散り際までの美しさを愛でるものだと思う。
で、散っちゃったら、また来年ねって言って夏に向かって行く。
命の美しさ、季節美のことをもっと考えて欲しいし、来年、再来年、ずっとずっと先迄の
風景を考えて欲しいな。









半分たちも



わたがしたちも うっとりお花見を楽しんだのでした♪



ちなみにこれはちょっと前にmesoのメンバーと
したお花見からの一コマ。

半分くらい咲いた桜の下にシートを引いて、
みんなのおいしい料理を食べながら過ごす
穏やかで楽しい時間は心にとても大切。
遠慮の欠片もなく、飾らないで過ごせる友達が
いて幸せです(*´`*)

また来年も、みんなでお花見出来たらいいな♪

次回はaco.がおにぎらずを作ってみようかな…



2018/03/21

森のアロマ。


進まない旅行記録の間に挟み込みです。
so-tennenさんの "森のアロマ" のイラストを描かせていただきました(*^^*)
http://so-tennen.jp/aroma/


”so-tennen”とは

想 創 装 奏 添 総 + 天然

木を伐り、薪をつくり、米を焚く、暖をとる。
季節ごとの自然のうつりかわりとともに生活をする。
そこにあるものとそこに居る人が紡いでいる暮らし。
昔の生活と同じではなくても、感覚を取り戻すことはできるはず。
ものづくり、体験学習、地域文化の継承、エネルギー。
自分たちの足元にある、もの・ことを組み合わせて生まれる楽しい毎日を提案します。

so-tennenさんの現在のホームページより抜粋。
https://so-tennen.jimdo.com/

so-tennenを動かしているのは、昔、mesomeso展を見に来てくれたiさん。
地元山形の大江町を中心に日本全国(海外もかな?)へ向けて活動展開中です☆
iさんはとにかく行動力があって、不思議な魅力を持っている人。
aco.もついつい乗せられちゃいます。
縁て不思議だ〜。
山形も、花粉がない時期にまたmesoメンバーと訪ねて行きたいな(*´w`*)



ラベルはこんな感じ。サイズ別で二種類ずつ。

詳しくは、このアロマのホームページにある説明を読んで欲しいのだけど
とにかくこだわりがすごい!!
独自の蒸留所で作られていて、成分分析と農薬検査も全てのロットで行っているそう。
100%天然の、山形の自然の香りが楽しめます。
aco.も、今抱えてる仕事の山が片付いたら、自分へのご褒美に買ってリラックスしよっと!


2018/03/10

中欧旅行-プラハ1



チェスキー・クルムロフからプラハへ移動した
翌日の早朝。

世界で最も古くて大きい城と言われている
プラハ城に行って来ました。

プラハ城には
ゴシック様式の聖ヴィート大聖堂、
ロマネスク様式の聖イジー教会のバシリカと
修道院、そして宮殿、庭園、尖塔が含まれて
いて、長い歴史上に現れたあらゆる様式の
建築物を見る事が出来る貴重な場所です。

全景はとてもじゃないけど写真に収められな
かったので、気になる人はググってみてね!

入り口には銃を持った兵隊さんがいたよ。
ではでは、プラハ城の城内へ!




代表的な建物から一枚。
聖ヴィート大聖堂の前でぱちり☆






広角レンズを持って行けば良かったと本当に後悔するくらいにで巨大で迫力ある建物です。
この大聖堂は写真OKで見学出来たので、内部もざっくりとだけどお届けです。


教会の中央部分の前後。


教会内部のカット。
本当は写真全部見せたいくらい見所のある美しい建物でした。

中でも、こちら。



時間が経つに連れて差し込む日の光が、ただでさえ綺麗なステンドグラスが並ぶ窓際を
さらに神聖な空間にかえて行く様子は必見です!



大聖堂を出た後、他の建築物や旧王宮を回って、少し高台からおそらく城内?
と思われる景色を一枚。
この辺りの屋根は、赤みが強めの三角屋根なのね。
こういうところも国や地域で違って面白い。

朝靄もいい感じ!



お城の中にあるこの小さな町は、黄金の小道と呼ばれる場所にあって、
昔は錬金術士や、城の傭兵、職人たちが住んでいたんだとか。
建物には大きめに番号が書かれていて、No22の青い家(写真左側にちょっと見えます)には、
チェコの有名作家のフランツ・カフカが暮らしていたらしいです。
今はだいたいがお土産屋さんになってるみたいだけど、このお土産品がまた可愛いのが多い!



場内を見終わって、少し休憩した場所からはこの後の目的地が見えていました。

次回は街中風景をお伝えします。
あと2回で終われるかな?? 
写真撮り過ぎたー。


2018/02/25

中欧旅行-チェスキー・クルムロフ

チェスキー・クロムロフ城より(*´`*)


4日目。
ウィーンを出発して、チェコ・南ボヘミア州の小さな都市、チェスキー・クロムロフへ。

車窓から。
マリーアントワネットがフランスに嫁ぐ途中に1泊したといわれるメルク修道院。
広大な畑が続いてたかと思うと、急にこういう建物が見えるから目が離せない。





約202Kmの道中。
休憩所で見つけた緑窓から
一枚。

そういえば、トイレを借り
るのにチップが必要なんだ
けど、休憩所とかは商品を
買って小銭を作れば良いと
して、それ以外の観光だけ
の場所でどうやって小銭を
作れば良いのかよく悩んで
たのよね。
両替機とかないし、おつり
ない場合多いし。
みんなどうしてるんだろ…


チェスキー・クロムロフ到着。
ここは13世紀後半頃から建設が恥じ滅多、モルダウ川沿いの街で、歴史的文化財として
知られる場所。というのは後で知ったこと。
無知識でいくと、まず受ける印象は"建物を城壁代わりにしてる?"でした。



川沿いに栄える小さな美しい街。
遠くに見えるのがチェスキー・クロムロフ城。
だとばかり思っていたのだけど、あとであれは城の一部と発覚。
この街、実は街の規模に不釣り合いな程に城がめちゃくちゃでかかった!



それに気づかず、まずは昼食をとりにレストランへ。
ご飯は今回どこも本当に美味しかったです(*´`*)
そしてこっちのペプシレモンは日本のものと比べると少し甘かった。



街中より

こういうところで育ったら、どんな感性が育つんだろうって思う。
いろんな事情を未だ抱えた地域ではあるみたいだけど、2年くらい暮らしてみたいなぁ。


チェスキー・クロムロフ城、あの辺一体の高い建物は全部城。
ひょっとしたらこの写真を撮影した場所も城の一部かも??
とにかく街を囲むように城が建ってることが判明。
高い場所は全部城だと思ってても間違いじゃないかも…


そして城に近寄ってびっくり。
外壁、の凹凸、全部 『絵』
煉瓦と見せかけて壁面つるつる。騙し絵の壁って言われてます。


城の中は自由見学不可でツアーガイドのみ。
美しいお兄さん(日本で言う学芸員さんみたいな位置の人?)が監視&客の調整役で
静かについてきてた。
印象深かったのがクマの絨毯などがいたる部屋にあったこと。
このお城の領主であったローゼンべルク家とイタリアのオルシーニ家が深い関係にあって、
オルシー二のオルソはイタリア語で「熊」を意味していることから、熊のモチーフがたくさんあるのです。
ってガイドさんが言ってた。




チェスキー・クロムロフ城より 2


城壁の石窓より

どこから見ても絵になる街だなぁ。
日本も江戸時代とかの作りの
ままだったらやっぱり絵になって
いたのだろうか…
建物ごちゃまぜ国としては、
残っている場所は本当に大切に
していきたいと改めて思うのでした。

ちなみに、この街を歩いた印象は
”石畳&階段も坂も多い!”
ので、足の不自由な方や、お年を
召した方には付き添いがあると
良いかもです。
健康な方も、訪れる際には
スニーカーとか、歩きやすい靴で
行くのがオススメです☆